20代後半 化粧水 人気

20代後半になったら保湿力に特化した基礎化粧品を使う

■20代後半は30代からの年齢肌に備える時期

  • 「目じりの小じわが気になってきた」
  • 「今までの化粧水じゃ物足りない」
  • 「口の横に気になる線が。。。」

このように少しずつ年齢肌を感じ始めるのが、20代後半です。実はお肌は20代半ばから衰退期に入ります。

 

アラサーは、肌内の保湿成分であるセラミドやコラーゲンの量が減少し、質が劣化し始める年代ですので、今まで使っていた基礎化粧品では物足りなさを感じる方も多いです。

 

基礎化粧品は、年代やお肌の状態にあったものを使うのが基本ですので、「毛穴」「小じわ」「シミ」の3大エイジングサインがお肌の表面に目立つようになって来る前にしっかりと保湿ケアをしてください。

 

■肌質別で選ぶ|20代後半女性に人気基礎化粧品ランキング

米肌

【毛穴トラブルが気になる方向け】

 

↓↓毛穴の目立ち対策に人気↓↓

 

お米の成分で奥から潤す

 

20代後半女性に一番人気なのが「コーセーの米肌」。

 

20代後半からコラーゲンの量が減少し、質が劣化しますが、このコラーゲンの変化に対し、最初に出てくる症状が毛穴トラブル「毛穴の開き」「毛穴の目立ち」です。

 

米肌は、この毛穴の症状が見え隠れする20代後半のお肌の変化(毛穴)にスポットを当て、対策する化粧水です。

 

オラクル化粧品

【お肌が弱い方|敏感肌の方向け】

 

↓↓オーガニック化粧品↓↓

 

オーガニック植物成分で肌質を強く

 

オラクル化粧品の原料は、化学的な肥料や農薬を全く使わない有機農法で栽培された植物。数十種類もの植物エキスを職人が丹念に抽出して、オラクルの独自配合で保湿効果を高めた基礎化粧品です。

 

敏感肌でお肌がピリピリしたり、赤くなってしまう方にはピッタリの基礎化粧品です。

 

アテニア化粧品

【お肌のたるみが気になっている方】

 

↓↓定番人気トライアル↓↓

 

濃密ハリ・潤い実感のスキンケア!

 

激安トライアルセットが人気なのがアテニア化粧品。4つの基礎化粧品にポーチがついて、1000円というのはお買い得ですね。

 

浸透力が高いコラーゲンを配合していますので、肌のハリや弾力を取り戻すのに優れた効果を発揮します。今後の肌の変化に予防策として使ってみるのも効果的です。

 

 

 

 

 

 

さて、20代後半の化粧水何を基準に選ぶ?
20代でも敏感肌やニキビ肌に困っている方も多いと思います。一般的には20代半ばくらいからお肌の内部では老化が始まります。お肌の奥にある真皮の角質層を潤すセラミドの質が変化してくるのがこの時期なんですね。このセラミドがお肌を保湿する重要な役割をしていますから、基本はお肌の奥まで届く潤い成分が入った化粧水を選ぶのが良いでしょう。また、現在の自分の肌の状態や、将来的にどうなりたいのかを念頭に置いて化粧水を選んでみてください。市販の基礎化粧品をバラバラで購入してつけるのは、20代前半までです。20代後半からは、自分の肌にあった基礎化粧水をライン使いし、しっかりと保湿ケアをしてください。基礎化粧品にはそれぞれ役割があり、同じメーカーのものだと、ステップごとにお肌を保湿して健康にするという目的があります。例えば、化粧水で顔全体に潤いを与え、美容液でピンポイントで気になる部位を保湿、クリームで潤いを逃がさないようにカバーするなどです。メーカーがバラバラだと、化粧水と美容液の相性が悪かったり美容液とクリームの相性が合わなかったりして、保湿効果が思ったようにえられない事があります。ですから、基礎化粧品は、同じメーカーのものをラインでそろえましょう。
米肌が20代後半女性に人気の理由
その1:毛穴に特化した化粧品20代後半の女性がまず、最初に感じる年齢肌が「毛穴の開き」や「毛穴の目立ち」です。米肌は、この20代後半に出やすい初期のエイジング症状に特化した化粧品なので、この年代の女性に人気なんですね。
その2:コスパが優れているライスパワーNo.11は、高級成分でこの成分が入っている基礎化粧品は値段が一般的に高いです。米肌も決して安くはありませんが、同じライスパワーNo,11を使っているライスフォースなどと比べると格安です。