20代後半 乾燥肌対策

乾燥肌対策|大切なポイント

お肌の水分は20代前半がピーク

 

お肌の乾燥具合は、お肌内部の水分量によって測ることができます。ある学術調査によると、お肌の水分量は、20〜25歳の20代前半がピークでそれ以降は落ちる一方だということです。

 

これは、お肌内部のコラーゲンやセラミドの減少によるものですが、それらの減少はお肌内部で始まり、少しづつお肌表面に出てくるので、毛穴の開き、小じわ、乾燥がお肌の表面に出てきて鏡を見て自覚症状が出るのは30代前後くらいになります。

 

毛穴の開きなどのお肌の乾燥化症状が表面に出てからよりも、症状を予防する方が段違いで楽ですし、効果的なのは言うまでもありません。

 

勘違いしてはいけないのは、20代後半から確かに角質層間にあるセラミド、コラーゲンが減少はするのですが、20代であればまだまだお肌の自己再生能力を回復することが可能です。

 

ですから正しいスキンケアでエイジング肌を予防しておくことが大切なのです。

 

乾燥しっぱなしというのはすごくお肌に悪いです。お肌の乾燥はターンオーバーの遅れを誘発し、古い角質がたまり、くすみの原因になってしまうからです。

 

では20代後半の方はどうすればよいのでしょうか?

 

20代後半の方は、乾燥し始めたお肌を潤し、ターンオーバーを正常に保つ化粧水を使うのがベストです。

 

各化粧品メーカーが発売している基礎化粧品には、それぞれ適切な年齢というのが存在します。20代後半で初期のエイジングケアが出てきた方には、アラサー向けの基礎化粧品が合うわけですね。

 

アラサー向け基礎化粧品人気ランキング

20代後半乾燥肌の対策|勘違いしてはいけないポイント関連ページ

20代後半の肌の変化
20代後半の肌の変化、では、20代後半の肌の変化についてご紹介します。20代後半には一体どんな肌の変化があるのか?お肌内部でどんなことが起きているのか?など、参考にしてみてくださいね。
頬が乾燥肌になった場合の対処法
頬が乾燥肌になった場合の対処法、では頬の乾燥にお悩みの方に、頬が乾燥肌になった場合の対処法についてご紹介しています。
乾燥肌|小じわ対策化粧水
乾燥肌|小じわ対策化粧水では、乾燥肌と小じわが出てきたと気がついた時に何をすべきなのかをご紹介しています。20代後半から30にかけての肌ケアについてご紹介していますので、参考にしてみてください。
顔の粉吹き対策|化粧水選びのコツ
顔の粉吹き対策/化粧水選びのコツでは、顔の粉吹き対策についてご紹介しています。保湿力の高い化粧水で毛穴ケアをして粉吹きを改善してください。
顔が乾燥して赤い|保湿化粧水で対策
顔が乾燥して赤い|保湿化粧水で対策、では、生理前や季節の変わり目などにお肌が敏感になって赤くなる揺れ肌の方やもともと敏感肌の方にピッタリな基礎化粧品をご紹介しています。
毛穴の目立ちを対策したい|20代後半に合う化粧水
毛穴の目立ちを対策したい|20代後半に合う化粧水、では、毛穴の目立ちが気になり始めた20代後半のお肌にピッタリの化粧水をご紹介しています。
20代後半のスキンケア|ファンデのノリを良くしたい
20代後半のスキンケア|ファンデのノリを良くしたい、では、20代後半でファンデののりに変化を感じている方向けのスキンケアについてご紹介しています。
夏のダメージ肌を回復するカギは?|20代後半の基礎化粧品
夏のダメージ肌を回復するカギは?|20代後半の基礎化粧品、では、夏に受けてしまったお肌のダメージを回復させる基礎化粧品をご紹介しています。紫外線を浴びすぎてしまった方は参考にしてみてください。